冬山・夏山…温泉・お酒

  



スノーボード・スキー・登山・温泉・お酒etc… 何かにこだわっても記録しないとすぐ忘れちゃう。 思いつくまま記録しよう。 最近はめっきりバックカントリーと夏山登山にハマってます。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

カテゴリー

半年遅れの日記、いっこうに『今』に追いつけない…。

ということで、今後は携帯からリアルタイムup、後日詳細をPCにて報告しまーす。


詳細;現在は 4/13 御嶽プチバックカントリー
是非ご覧くださーい。

イトシロ〜毘沙門岳

豪雪地の朝昨日今日と一泊二日で白鳥に行ってました。
車で1時間半の距離だけど、今回は民宿泊。
高山・郡上のように白鳥でも田舎暮らしを推進しているから、ちょっと様子見も兼ねて。

石徹白(イトシロ)地区は豪雪で知られるところだけあって、1月ですでに里が雪で埋まってます。
素敵な景色〜


昨日は荒れた天気だったので、ウィングのゲレンデでバフバフのパウダーで遊び、今日は天気が回復したのでイトシロシャーロットタウンから毘沙門岳方面を目指しました。
ゲレンデ近くにぽっかりあいた空間があって、宿の人に聞いたら夏に木を伐採したんだって。
…てことは、ソコがもしも滑れたら、私たちイチバンノリじゃない?
まっさらの山     わっせわっせ、ラッセル道場
リフト上部からの登り。誰も登ってないようで…
今日もラッセル道場!

標高が低いから結構木が込み合ってる。滑れるとこあるんかな?
お、遠くに毘沙門天!でも今日は頂上へはいかないよー
木が込み合ってる    毘沙門天みえたー

毘沙門岳へ続く稜線へでたところで、今日の登りはオシマイ。
おぉ、あれが頂上か?    おさんぽ?
こっからは滑って下山…

て、こんな込み合ってるけど、滑れるかな?
きゃぁ、ねこやなぎ!    こっから滑り!
いちお滑ってはみるけど、斜度はゆるいし新雪は深いし木が込み合ってるし、さらに初めての山でルートがイマイチわからず、スピードがだせない…
結局途中から進まなくなってスノーシュートレキングに変更…
ここはスキー向きの山だなぁ。。。

んで、しばらくふかーい新雪をラッセルしながら、方向を確認しながら…
滑れるかも? と板履いてみてもやっぱ進まなーいと脱いでみたり。。。

心が折れるなぁ…と思ってたら、突然ぽっかり森が切れた!
ぎゃぁ、こんなとこ滑れん!    やっと出た!

きゃぁ、これ下から見えた斜面にどんぴしゃで辿りついたのでは??
わぁ、ぽっかりあいたー    里にむかって滑る〜

夏までは杉林で今年初めて雪がついたばしょ、
わっほーい、誰も滑ったことのない斜面、Aシュートと名づけたいっ!
うひゃひゃ、誰も滑ったことないとこ!    うほほー!

切り株のトリップにドキドキしながら、3本くらいいい斜面いただけました!
やほほーい    ゲレンデにでたっ
最後はちょい登りでゲレンデの林間コースに合流!
遅くなってしまったのでゲレンデは終了してたけど、それはそれで
無事下山してホッ。
スキー向きの山ではあったけど、今日は今日で、冒険できてよかった。

イトシロシャーロットタウン

今日もしぃはお一人でオデカケ
イトシロのゲレンデへ。結構雪たっぷりでよかったみたい。
     

今日はすごい雪降ってて、近所の神社の駐車場は股下までの積雪。
    


素敵な贈り物が届きました。
たち吉のお地蔵さま。お顔をみてビックリ!ほんちゃんの小学校の頃の顔にそっくり!とーってもほんわか、かわいい
さっそく私の好きなものスペース(山で拾ってきちゃったカワユイモノタチ)に仲間入り。
木の実や葉っぱ、石ころたちとよくなじんでマス。

大切にします、ありがとうございます。

位山〜川上岳(かおれだけ)

今日は岐阜の位山と川上岳(かおれだけ)に登りました。
モンデウスからも登れるそうだけど、今回はダナ平林道から。
位山は信仰の山で、奇岩・巨岩がゴロゴロしてて、みどころもたくさん。
それに位山のイチイの木からシャク(笏)を作って、天皇即位のときに昔から献上されてるんだって。素人目にはとっても地味な山なんだけど…、すごい山なんだなー。

登りはじめはこんな感じ、両側に次々奇岩・巨岩が現れる
のぼり始めはこんな感じ     位山頂上
位山まではとっても近くて8時前の出発で8時半には展望のよい頂上に到着

ナンダ山ふたつ登るったって、こんな感じかぁ(ウヘヘ) と思っていたら
こっからが長くって……ずーーーっとゆるーいアップダウンあっぷだうん…
つづく登山道    てくてく

右も左も、すごい絶景!延々とつづく天空の遊歩道
…のはずだけど、延々てくてくてくてく…私は周りの景色を楽しむなんてぇ余裕もなく。
てくてくてくてく…トボトボ いやいや、てくてく…
登ったり降りたりのぼったりおりたり…     延々つづく…

長ぁ〜い道のりの末、ようやく川上岳(かおれだけ)頂上に!
かおれだけ頂上    笠ヶ岳
                               多分、左側は笠ヶ岳かな?

ものすんごい贅沢な眺め!360度遠くの山まで遮るものが何もない
標高は高くないはずなのに、なんでしょう、この景色は…!
はくさん?    おんたけ?
白山かな?                     御嶽!

快晴すぎて眩しくって、木陰をさがしてもこの開放的すぎる頂上には隠れる場所がない。サングラスをはずせないくらいの眩しさ。
このだだっぴろい頂上で、360度の大大パノラマを見ながらランチいただきました。
大休憩してクタクタの足を休ませたら下山でーす。

快晴無風の頂上。
贅沢なじかん    位山に帰ってキター!
       帰りもやっぱりアップダウンアップダウン… やっとこさ位山に戻ってキター

下山中にちょっと寄り道。おーいきなりの露天風呂!!!!!
突然の建物    おふろぢゃないよ
なんてね、水場です。 御神水だって、湧き水がダーダーでてました。
トイレも完備だから、飲みすぎてもダイジョーブ

山の中の異常にキレイすぎな場所にちょっとびっくりだけど
ここのおいしい水をいただいたら、元気100倍
フラフラ引きずってた足もちょびっと軽くなり、無事下山できました。

私、あっぷだうん苦手なのかなー。下山してみれば、それ程きつい工程でもなく。
8時出発、8時半位山、11時川上岳、頂上でのんびりして、3時半下山…フツーみたいだけど、股関節がどうにかなっちゃって、しばらく駐車場のベンチでストレッチしながら放心してました。

帰りに下呂温泉で疲れた体を癒そうかと思ってたけど、疲れすぎて早く帰りたくって。温泉素通りで自宅へ直帰。
こんな日はスタミナつけに釜山(焼肉屋)でも行くか!(飲みたいけど歩けないからタクシーで…老人…)と勇んで行ってみたものの…
ネギタン、豚タン、上カルビ、豚ロース、レバ刺し、牛ホホ、シン。おしまい。
あれ?前はもっと食べたよね、肉がはいらん…。そいえば最近肉食べれないよなー、ビールの量も減ったよなー。登りもキツイよなー。これって老化の始まりかなぁー
ヤダヤダ

瓢ヶ岳(ふくべがたけ)

きょうもまた、自由人のしぃはひとり山へ向った。イッテラッサーイ
今日は岐阜の瓢ヶ岳(ふくべがたけ)
いつも高山方面へ行くときのSAで名前だけはよくしってる山。ほんちゃんが以前「ボルダリングの時に行ったよー、今度行きましょう」と言ってくれた言葉を思い出して、しぃ一人で勝手にほんちゃんを偲ぶ会です。
瓢ヶ岳登山口     登山道

意外と遠望がよく見渡せる。登りと下りを違うルートにしたんだとか。
頂上からの景色     いい道だね


チョークの跡この岩、チョークのあとがいっぱいついてたって。

ほんちゃんもこの岩によじ登ったかな?
ボルダリングもクライミングも、もっと早くもっとたくさん、ほんちゃんから教えてもらいたかったなぁ

あぁ、岩にぺたぺたさわりながら、手足をガーッと開いてカッコよく登ってくほんちゃんが見えるようで…

揖斐周辺

今日は揖斐の方面に登山…じゃなくてドライブ

揖斐の貝月山に登ろうと登山口があるキャンプ場まで行ってみた、
あまり使われないルートなのか登山道は荒れて橋が腐ってるし、動物の真っ白い毛がどっさり落ちてる…ナニコレ…。クマサン??…
前日は羽島で飲んでちょい二日酔いだしぃ〜…。。。
…3分くらい歩いたところで退却! 今日はドライブだー

しばらく車を走らせると夜叉ヶ池の看板。面白そう♪
この山の上に夜叉ヶ池がある(のかな?)   日が傾き始めて紅葉が黄金色
    

「車ですぐよ」みたいな看板だったけど意外と悪路、ドライブテクニックが試される…
    

夜叉ヶ池の登山口まで来たものの、タイムオーバーで池は見られず。

今日は登山口を見学しただけの日となってシマッタ
たまにはこんな気の抜けた日もあるかなぁ〜…