冬山・夏山…温泉・お酒

  



スノーボード・スキー・登山・温泉・お酒etc… 何かにこだわっても記録しないとすぐ忘れちゃう。 思いつくまま記録しよう。 最近はめっきりバックカントリーと夏山登山にハマってます。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

カテゴリー

半年遅れの日記、いっこうに『今』に追いつけない…。

ということで、今後は携帯からリアルタイムup、後日詳細をPCにて報告しまーす。


詳細;現在は 4/13 御嶽プチバックカントリー
是非ご覧くださーい。

ザックとハーネスget

新アイテムはくのりの帰り道、白馬のラッピーで待ちにまった新商品のザックをGETOSPREYのKode38L
ついでに在庫セールしてたCAMPのハーネスもお買い上げ

Kodeは今使ってるSWICHの後継で、あちこち改善されてます。いっこいっこの改善点が「こうしてほしかった」になってるので相当使いやすそうだけど、一つだけ難点が…。38Lにボードを付けるにあたり。ザックにある程度たくさん荷物を入れとかないと、背中のベルトがキュっとしまらない。板がブラブラしても全体的には安定してるけど、気になる人は気になるのかな?

姨捨山フリークライミング&はくのり

今回は一泊二日、初日は姨捨山の坊抱岩でフリークライミングに初挑戦、二日目は白馬乗鞍登山でした。

まずは姨捨。ガイドのHちゃんにフリークライミング教えてもらいます。前回は松川の三角岩でボルダリングを教えてもらいましたが、ほとんど、2手目3手目でギブな感じとっても難しかったけど、今回はロープがあるからも少し頑張れるかなー

今回は意外と頑張れたロープで確保してくれたおかげだけど…
しぃ?   しぃ?   まぁ?


Hちゃんほんちゃんはさすがにお上手!!!スイスイ軽い足サバキであっちゅうまでしたビレイはほんちゃんのお友達カメラマンのWさん。
今回私たち初心者もカメラマンさんに写真をいっぱいとってもらっちゃいました写真はコチラを見てね!さすがプロです

ほんちゃんのおかげで、山の楽しみが夏山冬山登山だけでなく、いろんな方向に広がりますアリガトウゴザイマス

さてさて翌日の乗鞍は…


おおしらびそ    天狗の庭

白馬大池おおしらびその青紫の大きな実が鈴なりの栂池を出発、私は早々に天狗の庭でダウン…なんでかな、なんとなく。。。本当は昨シーズンの蓮華温泉オフタリサマツアーの時の思い出の地、夏の白馬大池がどんなだか見に行きたいのに、なんとなく私だけ断念。
しぃだけはくのりの頂上へ登って、白馬大池の写真を撮ってきてくれました
キモチがゆるんでます、ごめんなさーい

セレブランチ

今日はいつもと様子が違います
お母さん、お姉ちゃんとセレブランチ名古屋のミッドランド内にあるブルーエッジ
久々におめかししてオデカケ。とってもステキなお店でした。たまにはおしゃれさんになって女の子(いくつだ??)に戻るのもいーな
セレブランチ�    セレブランチ�

大台ケ原

今日は大台が原でお気楽ハイキング!
いつもの緊張感は全くなく、まさに心と体のリフレッシュ☆
海山緑空!全部キレイに見える晴天です

スタートはお散歩道から           えーお天気
スタートはお散歩道から    えーお天気

遠くに釈迦が岳が見えるっ          きれいに整備された遊歩道
遠くに釈迦が岳    きれいに整備された遊歩道

立ち枯れのトウヒ 神秘的な景色
神秘的な景色    神秘的な景色

大蛇堯覆世い犬磴阿蕁法           岩場でランチ
足がすくむ…    岩場でランチ

鹿発見!鹿に遭遇!

もっと大台ケ原が近ければ、気軽に通いたいお散歩コースなのに。。。夜中出発で自宅から高速&山道約4時間今回はハードに日帰りです…。

でも、今回は楽しいついでにさらにオマケ付き


うつわ帰りに大好きなところへ寄ってきました
信楽の「うつわ」という信楽焼の窯元。おじゃまするのは今回が3回目。たまたま寄って知ったお店で、ご主人との会話や、商品の素晴らしさが気に入っていましたが、意外と有名なお店と知ってびっくり高価なうつわもありますが、値段に比例した素晴らしいものです。今回は正方形の大皿2枚と徳利お猪口を購入大大大満足です!

双六・三俣蓮華・鷲羽 vol.2

昨日は高山病で7時半には死亡…なんとかテン泊で一晩がんばり、翌朝にはなんとか体調回復鷲羽岳に向かってしゅっぱーつ

まっつぁおなお天気。朝までだけど    小さな惑星に来たような景色
鷲羽岳へしゅっぱーつ    どっかの惑星みたい…

このあたり、夏は一面お花畑        鷲羽見えてきた
このあたりはお花畑    鷲羽岳見えてきた!

目の前だけど、体調不良…私はのんびり行きますから置いてって…
もう目の前…    キツイ斜面やねー…

三俣小屋があんなに小さい記憶の薄らぐ中、足をひきずるようにしながらもなんとか登頂。
二人は頂上で待っててくれました。
登山の素晴らしさ、ボチボチでも諦めなければ必ず頂上にたどり着けます!

そして私は周りの景色を拝む余裕もないまま下山。登りがキツけりゃ下山もキツイ。ヒザが笑う…あーしんどい…

でもいいコトも!雷鳥の家族が土浴びをしたり、餌をついばむところに遭遇、かなりのんびりやってますね、かわゆいです
雷鳥の親子!!!!!    雷鳥の親子?!!!!!

やっと双六小屋にただいま…んで、なんだかんだ頑張って、巻き道ルートで双六小屋に到着。
途中から降り出した雨で体力を奪われ、高山病も再発。まずはトイレでげー
テント見に行くと、干しておいた服がびしょびしょしぃのタオルは飛ばされあーカラダ冷えた、乾いた服で、乾いた場所で、布団の上で横になりたい…
贅沢でしょうか……


一夜明けて、場所は双六小屋の一室へへ、結局テントたたんで3人で小屋泊に変更してもらいました我慢がたらずすみません、でも夜はかなりの雨だったと思うので、結果オーライささ、小雨のなか下山でーす  ぽちっとして見てね
双六小屋の朝…    雨のなか下山