冬山・夏山…温泉・お酒

  



スノーボード・スキー・登山・温泉・お酒etc… 何かにこだわっても記録しないとすぐ忘れちゃう。 思いつくまま記録しよう。 最近はめっきりバックカントリーと夏山登山にハマってます。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

カテゴリー

半年遅れの日記、いっこうに『今』に追いつけない…。

ということで、今後は携帯からリアルタイムup、後日詳細をPCにて報告しまーす。


詳細;現在は 4/13 御嶽プチバックカントリー
是非ご覧くださーい。

セレブランチ 卒業祝い

今日はおねえちゃん、お母さんとおセレブランチ
おねえちゃんが大学を卒業して、めでたく大学院に進学したからです
私のお姉ちゃんだからマサカ20代ではありませんが…
がんばりやさんです研究の成果を本にするそうながんばってね〜
オウィスィー     オメデトウ!
てことで今日のランチは、名古屋マリオット内のフレンチ。
食事もおいしいけど、ワインがとーってもおいしかった!
グラスワインで。ハーンエステートシャルドネってのと、アイアンストーンオブセッションシンフォニーってのを飲みました
ハーン…は「トロピカルフルーツの香り&クリーミー」
アイアン…は「華やかなブーケに桃のニュアンス」とのコメント。
どちらも白、思ったほど甘くないのに濃厚でパンチが効いてる!
今度酒屋で見つけたらボトルで買おう

立山2010春

今回は兄さんとしぃと3人で待ちにまった立山BCヤッター!
今回は楽しみなことがいくつもあります
カナダで修行してきたガイドサトシくんの立派な?姿を拝める
ツアーの終了時間があえば、前乗りしてるmaimaiに会える
こないだ蓮華温泉で出会った八ヶ岳ガイドさんとSさんも今日上山予定
みくりの女性スタッフから元気を貰う

ひとつだけ残念なのは、初日が雨ってこと
前乗りしてるmaimai達は曇り空のなか朝から登ってるとのこと。私たちが到着する頃には怪しげな雨雲に覆われて…アメ…

久々に会ったサトシくんは空回りするほど元気に、大人になってました。
そんなガイドサトシに雨の中、なんとか閻魔山に連れてってもらいましたが、クラック…というか、バキバキに割れ放題の山…
立山    雷鳥…慣れたもんだね
2本滑って、濡れネズミ   人の数より多いかと思う雷鳥は元気いっぱい

みくりに戻ってmaimaiと再会きゃっほーい、
やっぱ女の子と山についておしゃべりできるの、楽しーっ

午後からはmaimai達前乗りグループと地図読みのお勉強をして雨をやり過ごしました。

maimaiが帰ったあとの夕食では、ほんちゃん達のほかに八ヶ岳ガイドさんやSさんと
Sさんにもらった手作り黒文字酒っ!サーイコーにおいしい!!!遠慮もせずグビグビ戴いてしまいました。なんともいえない、いい香り。
作り方教えてもらったけど、私に作れるかな〜。

さてさて今日は…   ピーカーンっ      振り返れば剱岳
    空+雪     振り返れば…剱

こんなに晴れるとは…予想外の景色!
五色ヶ原へ続く稜線、遠くは槍・笠まで見える!  大大・大斜面
槍&笠    大大 大斜面

今日は結構な旅。みくりヶ池温泉−国見岳−天狗山ー弥陀ヶ原バス停
それにしても絶景…。ちょびっと登っただけでこの景色、さすが立山…
絶景の休憩ポイント    雲海

国見でSさんとマタ再会、すごくパワフル!  またまた大斜面滑降、立山広いな〜
再会    またまた大斜面

こっからは緊張の連続…国見の下から天狗山の稜線への急登、そして…
なんじゃこの細尾根…これ、…行くの?…私も?…で、このあとどうなるの??
    んぎゃ、急斜面     この細尾根いくんすか?

途中ロープで確保してもらったりして、なんとか恐怖のナイフリッジを通過。
あとは、遥か遠くに見える弥陀ヶ原目指して滑りこみます
まだ行くの?    目指すは弥陀ヶ原

絶景を見ながら…、スベぇ〜〜〜  あぁ幸せな時間。。。
弥陀ヶ原?    ツリーラン

楽しい時間はあっという間。弥陀ヶ原に到着です。
到着    終了〜

山菜弥陀ヶ原ホテルのラウンジでバスの時間までティタイム
ほんちゃんとサトシくんは室堂行きに、私達は立山行きに。ここでお別れです。
なんとも長い、充実した旅でした。

立山駅周辺は山菜がありそな雰囲気プンプン
案の定、素人の私が初収穫デキタこごみget!

今日の旅はみくりのブログにも載せてもらえたとのことラッキー〜
本当に楽しい、充実した、旅、でした。ほんちゃん、長旅アリガトウゴザイマシタ。

飛騨探検

乗鞍今日は御嶽ロープから登るつもりでしたが、ロープが強風のために朝からロープは見合わせのままでした。

しばらく駐車場で山菜探しをして時間つぶしをしてたけど、やむなく飛騨周辺のドライブにすることに。

ちょうど田舎暮らしの場所を探したいとも思ってたし、県道沿いに気になる観光スポットもあったし。

まずは看板だけ見て気になってた匠の館&森の水族館。 ほんと、普通に観光。
匠の館    森の水族館とやぎ

ヤギ…ここを管理しているらしき奥さん、普通に庭で畑耕したりして、生活してました。

やっぱ、田舎暮らしにヤギはつきものかな?
ヤギ乳もらったりして…。

でも結構ヤギに襲われた経験アリ
オデコで頭突きされたり、服を食べられそうになったり…
こんなかわいい笑顔するクセに…

今日は他に飛騨牛の里に行ったり、野麦峠走ったり、山菜探したりのんびり飛騨を満喫しました。田舎の風景っていーなー。


でーん!    春のスキー場

蓮華温泉

今回はひとつきぶり、しぃと二人でBCです
行き先は白馬の蓮華温泉、去年ははくのりから振り子沢−はくのりのルートだったけど、今回は小谷の木地屋まで滑り込んで、タクシーで駐車場まで帰ります。
スタートとゴールが違うなんて、なんとなく旅です

スタートは栂池から             もうすぐ天狗っ原 あいかわらず、人いない…
北アルプス    くぅ〜天狗っ原

 しぃとの距離は広がるばかり…       はくのりから小蓮華が見えてきた
    天狗原到着     あ、はくのり着いた?

雷鳥発見、まったく警戒の様子無し  相変わらずの癒しキャラ 
お!雷鳥    のんびりな雷鳥

はくのりのてっぺん到着           白馬大池も小屋も雪のなか…
はくのりのケルン通過    白馬大池到着


あぁスタミナ不足…あーバテた…スタミナ不足。

こっからは蓮華温泉へ滑りこみ

しぃは絶好調な様子でなによりです…
だけかんば

私も滑りになれば多少は…元気に。
ようやく宿が見えてきた!         天狗の庭
ようやく宿が見えた    天狗の庭内部

あとひと滑りあと一本滑れば宿に到着かな?
でもここまで標高が下がると、ドロドロ雪崩なふぅな雪にかわってきた。

途中バテつつも、蓮華温泉到着。温泉はやっぱりgood!
相変わらずの夕食にはちょびっとげんなり。

でも今回はすばらしい出会いが!
夕食のときに少しお話しさせてもらったお二人、八ヶ岳のガイドさんとゲストの女性。ガイドさんは懐の深いステキなオジサマ、ゲストのSさんは私の母親よりも年上なのに、スキーを始めたのが数年前という行動派。経験豊富で、夏山冬山の話も楽しいし、次に行きたい山についての話も私たちとシュミが似てるみたい次回は立山だってとこもGWが鳥海ってとこも同じ立山での再会も約束。とーっても楽しい時間でした。
山で出会う人はみんなステキな人たちばかり


さてさて翌日は、木地屋への滑り…と思いきや。。。
このルートはやはりスキーヤー向け。

まもなく崩れおちそうなスノーブリッジ   ダケカンバの森はまさにお散歩な気分。
壊れかけのブリッジ    だけかんばの森


杉林杉林もお散歩気分。
次の山もお散歩気分。…あれ、いつまでお散歩?滑るとこがない…

やむなく…というか楽しく滑れそうな山を見つけて、等高線確認して、とりあえず登ってみる。登った分だけ滑れれば、それはそれで楽しいから

ちょっとしたこやまに登ってたら、なんとなーく音も無く気配が…
ひゃーーーっ日本カモシカが、私たちの5mくらい横を同じようにハイクしているっ
感動しすぎて写真撮るの忘れた…
遠くにいるのは何度も目撃してきたけど、これほど近くて、ゆっくり見るのは初めて!!あー、ここ、登ってよかったぁ。
たいして滑れる距離でもなかったけど、こんな感動もあってか、なかなか開放的な気分で気持ちよく滑れました
ステキなお散歩山しかし…。そんな寄り道なんかしてたもんだから、小谷タクシーの予約の時間に30分も遅刻。
運転手さんには悪いけど、softbankはいつでもどこでも圏外なので、途中で連絡もできず。
気持ちは焦る。
けど滑れる斜度がない
だからつぼで歩きながら、ぜーったいsoftbankやめてやるっ山スキー早くはじめよ。が繰り返し頭でぐるぐるしていたのでした。

帰りは倉下の湯でしっかりあったまったやっぱり、はサイコー!

犬山祭り

今日は会社帰りに犬山祭りに行ってきました。
すっごい人ごみにビックリ
でもちょうちんの灯りがとってもキレイ。しかも車山はどんどんやってくる、何台通るんだろ。
   だーん!     お祭り!

山車を見る以外にお花見もデキタ車山がおうちに帰っていく姿はなんとなくもの悲しい
   お祭り&お花見     お祭り&お花見?

お祭り?犬山祭りに来たのは初めて
人ごみなのはわかってたから。でも、昔ながらの街並みを縫うように進む山車は、ちょっとばかりタイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。
しっとりしたいいお祭りでした。
おうちに帰る車山を追いかけて、ちょっとだけ遠回りして帰りました。
はっぴを着たおにいさんやおじさん達は青春真っ只中という様子で、かっこよかった